傘職人募集

求む!次代の傘職人

「日本の職人技」を世界が注目しています。

日本の職人が作る洋傘は他国では類を見ないほどに精密で高品質。
しかし、日本の傘職人は高齢化が急速に進んでおり、後継者不足に悩んでいます。
このままでは洋傘が伝来した明治時代以降、 長い時間をかけて培われてきた彼らの貴重な職人技が失われてしまう。
ある意味、危機的な状況と言えます。

創業以来87年間、日本製洋傘を作り続ける小宮商店では、熟練の職人の意志と技を受け継いで、高品質な傘作りを志す方を募集しています。
一流の職人になるには数年の修行が必要ですが、それを乗り越える事ができれば世界に通用する人間になれると言っても、 もはや過言ではないでしょう。

 

年齢・性別・学歴は問いません。

修行は職人の自宅で行います。修業期間を乗り越える忍耐力と 高い志と向上心を持った方はご連絡ください。
もの作りが好きな方、傘が好きな方、傘作りに興味がある方、 ぜひ私達と一緒に日本の傘作りを守っていきましょう。

お問合せフォームもしくはメールにてご連絡をお待ちしております。

お問い合わせフォーム
・MAIL komiya@muse.ocn.ne.jp