小宮商店の歴史

昭和5年の創業

小宮商店は昭和5年、東京都中央区浜町で創業しました。
そのころ日本の庶民が使う傘と言えば、竹の骨組みに和紙を貼り油を塗った「番傘」が一般的で、 鉄製の骨に絹や綿などの生地を張った「洋傘」は一部の限られた層しか持つことのできない高級装飾品でした。

日本橋の傘・小宮商店|小宮商店の歴史

小宮商店の創業者・小宮宝将はそんな中で、自身の出身地である山梨の甲州織を使った洋傘の製作を始めました。
甲州織とは傘やネクタイの生地など、細番手を得意とする「甲州産地」で生産される生地で、古くは「甲斐絹(かいき)」とも呼ばれた歴史と伝統のある織物です。

創業の後しばらくして、日本は戦争の時代へ突入。 小宮商店でも店舗兼自宅が空襲で焼けたり、物資統制で思うように物が作れなかったりと幾多の困難に見舞われました。しかし戦後は焼け野原の中で東日本橋に店舗を再建し、ゼロからの出発で復興に向かっていったのです。

日本橋の傘・小宮商店|小宮商店の歴史

海外製傘の登場、そして席巻。

昭和30~40年代、日本は傘の生産量・消費量・輸出量ともに世界一を誇っていました。 小宮商店のあるここ東日本橋界隈だけでも70以上の傘専門店が軒を連ね、そこには大勢の傘職人がおり、業界中が活気に満ち溢れていた時代です。
高度成長期の日本の製造業全体がそうであったように、小宮商店も「作っても作っても追いつかない」という嬉しい悲鳴を経験しました。

日本橋の傘・小宮商店|小宮商店の歴史

傘業界が最盛期を迎えた昭和30~40年代

しかしそんな状態も長くは続かず、オイルショックやバブルの崩壊を迎え、 傘業界は多くの会社が人件費の安い中国などアジア諸国に製造の主軸を移すことに。
活躍の場がなくなった日本の傘職人は多くが廃業に追い込まれ、あれだけあった傘屋も価格破壊が起きたために次々に倒産していってしまいました。 今では日本製の傘を作っている傘屋は都内でもわずか数軒です。

日本橋の傘・小宮商店|小宮商店の歴史

これからの小宮商店

小宮商店はそんな世間の荒波の中で揉まれ、時には歯を食いしばるような思いをしながらも、何とか今も傘屋を続けてくることができました。 ひとえにこれまでのお客様のお蔭であると心から感謝しています。

そしてまた、どのような時代にあっても 「自社で(自分たちの目の届く範囲で)良質な物を作る」という創業以来の伝統を守り続けて品質を守り、お客様のご要望へ真摯に誠意に相対して信頼を得てきたこと。 そして常に現状に満足せず、新しい改革的な技術を織り交ぜてきたこと。

これもまた生き残ってこられた鍵であったと考えています。

「品質、信頼、改革」
この3つの言葉をキーワードにしながら、 小宮商店はこれから先も飛躍し続けていきます。

日本橋の傘・小宮商店
日本橋の傘・小宮商店|修理