洋傘手元品種

① 洋傘手元スタイル
長傘手元
糊で中棒と手元を完全に接着する ものが多い。形は曲がりタイプが 多く使用される。
2段折傘手元
ネジ式で取り外し可能なものが多い。 長めの寸胴タイプや曲がり手元など がある。
ミニ傘手元
ネジ式で取り外し可能なものが多い。短めの寸胴タイプが多く、コンパク トな印象を与える。

② 手元素材・材料名
プラスチック
アクリル・ポリスチレン …etc
自然木
楓(かえで)・樫(かし)・ 籐(とう)・エゴ・竹…etc
金属
真鍮(しんちゅう)・亜鉛 合金・アルミ軽合金…etc
合皮
塩化ビニルとポリウレタン素材で 中芯を巻いたもの。 中芯=木・プラスチック…etc

③ 手元加工方法
手加工
削り加工・引き抜き加工・彫刻 加工・仕上げ加工などの種類がある(木やプラスチックを加工する)
プラスチック加工(成型)
金型にプラスチックを流し込み 成型する。精度の高いデザイン 加工ができる。
金属加工(鋳造)
金型に金属を溶かしたものを流し 込み成型する。細身のレリーフの 模様の表現となる。
曲げ加工
自然の木をスチームで曲げる加工 方法。

①②③を組み合わせると…小宮商店の傘はどれに該当するの?

洋傘種類 ① 洋傘手元 ② 手元素材 ③ 手元加工 手元画像
かさね 55cm×16本 長傘手元 楓(かえで) 曲げ加工後
手加工仕上げ
かさね 2段折 2段折りたたみ傘手元 アクリル+楓 プラスチック
加工+手加工
ミラトーレ65cm×16本 長傘手元 曲げ加工後
手加工仕上げ