お待たせしました!春の新作日傘の登場です

日増しに暖かくなってまいりました。
桜の開花と共に気になるのが紫外線。そろそろ日傘が活躍する季節です。

お待たせしました。第一弾、春の新作日傘が入荷いたしました。
東日本橋ショップにて一足早くご紹介していますので、是非ご覧ください。

【フラワーレース日傘】
レースの花柄日傘は全部で4色。長傘と折り畳み傘があります。

  

【和紙パラソル】
こちらは和紙を使った初めての試みの日傘です。生成りと黒の2色、長傘のみの展開です。
麻100%の生地に和紙をあしらった繊細で美しい日傘です。

ぜひ実物を手に取って素材の感触と差し心地をお試しください。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

第二弾ホワイトデー企画《私達が作りました!小宮商店の中で一番欲しい傘》職人編

こんにちは。店番の加藤(☺)です。

第一弾バレンタイン企画から早1ヶ月。
きっとその時から予感はあったとは思いますが(汗)、そんなご想像通り、第二弾はホワイトデー企画《私が欲しい小宮の傘》
今回は前編・後編の2回に分けてお届けします。

前編は小宮の工房で働く20代女性職人から、職人の立場で選んだ
《私達が作りました!小宮商店の中で一番欲しい傘》職人編をどうぞ!

まずは、下の名前が「海音」と書いて「かいね」と読む、素敵なお名前のかいねさんからスタート。

●職人かいねが選んだ傘は…『ミラトーレ折畳み傘60cm×10本骨 赤

☺「私が欲しいミラトーレ60cm折り畳み傘の赤は、色もよく少し大きめで安心。既に持っているミラトーレの傘は師匠からのプレゼント。それを使ってみて高撥水ミラトーレならではの、水捌けの良さを実感。そして何より混んだ電車の中などで自分だけでなく『周りの人を濡らさない配慮』に長けていることが、この傘を選んだ理由です」とのこと。人柄が出ています。。

そして、ここから職人的コメントが!
「ミラトーレの生地は伸びないので張るのが難しい。型の丈に気を遣う」

型というのは、生地を裁断する際に使う木型のこと。
実は、この型こそが傘の形を決める最大の要素であり、職人の魂=傘の心なんです(この話は後日改めて…)

形を決める傘の型↓ 

次にショートヘアが良く似合うまつむろさん。

●職人まつむろが選んだ傘は…裏がチェックの『Plaid(プレイド)長傘』

☺色はローデングリーン・ブルー・レッドと3色ありますが、「全部可愛い!その日の気分によって持ち替えたい」とチャーミングなコメント。「持ちやすく何にでも合わせやすいチェックに、傘を留めるネームが裏地と同じチェック柄になるところ」もお気に入りポイントのようです。

職人的なコメントとして「この傘生地は縫い易い半面、張ったあとにベラ(たるみ)が出やすいので、型作りに苦労した」とのこと。
「木型に見立てた厚紙で型を何度も何度も作り直してから(生地を張ってからの経過を何日後かに確認し、また直し…)最終の木型を決めました」と、やはりここでも型がどれだけ大切かよくわかりました。

そして最後に「自分で作って上手にできたと思った傘に愛着が湧きます」というキュンキュン来るコメント!
どこかでまつむろさんの作った傘を差している人に、届けたいです。

 

工房の様子↓

そして最後3人目の20代女性職人はこの方!
みやとさんというのは苗字です。

●職人みやとが選んだ傘は…『ボーダーフラワー長傘パールホワイト』

☺みやとさんに関しては発言が全て職人目線。
「ボーダフラワーは生地の伸びが良く柔らかい為、張りやすい」そうです。ただやはり型には裏話があるようで…師匠からもらった型紙を修正して作ったとのこと。同じ型を使ったからといって師匠と同じ傘の形にはならないところが難しいところ。そして生地についても「ボーダーフラワーの生地は表裏がわかりにくく、隣の小間(コマ)とボーダー柄を合わせて縫わないといけない」という、私には想像のつかない隠れた苦労もあるようです。ただその反面、反物を裁断しているからこそわかるラッキーなことも!「生地の赤い花柄部分が時々ハート♥になっているのがある!」との情報が!まるで四葉のクローバーのようです。早速店頭の傘をチェックしなくては!ホワイトデーにピッタリ?
「持つと軽くて、こんな白い傘なら雨の日でも使いたい」とみやとさんでした。

皆様、作業中にもかかわらずご協力ありがとうございました!
以上、ラジオの流れる工房からお届けしました。
この日、彼女たちが作っていた傘は…小宮の代表作の「かさね」シリーズ。

上からみるとこんな感じ↓

次は店頭で働く《私達がおすすめ!小宮商店の中で一番欲しい傘》後編/店頭編です。

店頭ではホワイトデーフェアもスタート!

お客様からのリクエストもあり、今回も2/15(土)〜3/14(木)まで女性用長傘が10%OFFです!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

新宿タカシマヤで行われる東京都伝統工芸品展2019に、小宮商店の東京洋傘を出品いたします

展示即売のお知らせです。

昨年『東京洋傘』が、東京都より《東京都伝統工芸品》に指定されました。
そこで、このたび新宿タカシマヤにて18日から開催されます東京都伝統工芸品展に、41番目の新しい伝統工芸品として、『東京洋傘』を出品することとなりました。

その中には小宮商店の製作した伝統工芸品「晴雨兼用 裏縞」の傘もございます。

この傘には100年前の洋傘に使用されていた素材を使い伝統的な技法で丹念に製作しており、サイズも女性用の55cmと男性用の65cmともにご用意しております。

伝統工芸品の他にも、小宮商店の人気の傘がたくさん揃っておりますので、普段なかなか東日本橋まで来れないお客様も、どうぞ皆様お誘いあわせの上お越しください。

 

日時▶2019年1月18日(金)→23日(水) 午前10時から午後8時まで開催。
ただし1月18日(金)・19日(土)は午後8時30分まで、最終日は午後6時閉場。

場所▶新宿髙島屋11階 催会場

詳しくはこちらをご参照ください。
https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/dento/index.html

楽しいイベントもたくさん!▶こちら

東京洋傘については▶こちら

【SHOP】アンケートに答えて10%オフ企画!

紅葉の美しい季節となりました。

10月はリピーターのお客様をはじめ、
テレビをご覧になり初めてお店に来て下さったお客様
今までは楽天サイトでしか見たことがなかったというお客様
ご近所の皆様などなど・・・

全国各地から、たくさんのお客様にご来店いただきまして、
本当にありがとうございました。
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。

お客様より10月の「長傘10%オフ」企画が大変好評で
続けて欲しいというお声をたくさんいただいたこともあり、

11月は、新たな試みとして、

アンケートに答えて10%オフ」企画を
11/1~11/30期間限定・ショップ限定で開催いたします。
8問ほどの簡単なアンケート(無記名)です。
アンケート用紙は店頭にございますので、どうぞお気軽にお声かけください。

日本製傘 甲州織 小宮商店 チェック

皆様のアンケートを元に、
これからもお客様に喜んでいただける大切な逸品をご提供できるよう、
がんばります!

なにとぞ宜しくお願いいたします。

針供養

写真は、海がみえる、神奈川県横須賀市の走水神社の境内から。

今日は、洋裁をやっている夫の母を誘い、針供養に行ってきました。

関東では2月8日の事始めの日に、お寺や神社で行われています。

ここ、走水神社では、2月8日よりもひと足遅く、毎年3月の第2土曜日に行われているようです。

私は、昨年の2月、ちょうど小宮商店の傘職人の見習いを始めた頃初めて、針供養という古くから伝わる行事があることを知りました。
お豆腐や蒟蒻に、折れたり使い古してしまった針を刺し、供養します。
そして、裁縫が上達することを祈ります。
これは、小椚師匠の奥様から教わりました。
毎年2月、小椚師匠の奥様は、欠かさず針供養をしています。

私は、この話を聞いてからずっと、針供養をしたいという思いを募らせていました。
そして、1年越しの今日、傘作りをしていることに感謝しながら、やっと手を合わせることができました。

そして、最後になりましたが、忘れてはいけない、3.11の今日。
あれから6年。
日本中が、明るい未来をみることが出来ますように。
祈ります。

2つのミシンの音

こんにちは。
小宮商店・傘職人見習いの栗原です。

今日の菅澤師匠の家では、2つのミシンの音が鳴り響きました。

コトコトコト…ガーーーッ!ガーーーッ!…ウィーーーン!ガタガタガタ…

_
写真は、一緒にやっている職人見習いさんと私。

大体の日が、全くミシンを稼働させず、手縫いでの作業を進めているか、もしくは1つのミシンだけを稼働させているかのどちらかです。

今日は、一緒にやっている職人見習いさんが、傘をたたむ時に留めるバンドであるネームや、その他必要な細々したものを作るために、1本針の本縫ミシンを稼働。そして私は、傘の生地を縫い合わせるため、もう1つのいつもの傘用ミシンを稼働。

そしたら、ミシンが音楽を奏でているみたいで、私は勝手に1人でリズムにのって、とてもいい気分になっていました。

ミシンの調子がいい時は、いい音色で安定したテンポで音を奏でてくれます。

今日はいい音色に包まれた菅澤師匠家でした。

裁断用テーブルのクロス作り

こんにちは。職人見習いの栗原です!
先日購入した裁断用ビニール板は、我が家の食卓テーブルの上に置いています。
取り外しは面倒!だから、作業以外の時もずっと置いたままにすることにしました。

ビニール板を合板と合板の間にサンドして、その上にはテーブルクロス!
テーブルクロスをビニール板の上に覆う案は菅澤師匠のアドバイス。

今日は1日、たんすの肥やしになっていた生地を引っ張り出して縫い縫いし、テーブルクロス作りにいそしんでいました。
足りない分は生地をつないで、あとは直線で思い切りダダダっと縫って。
テーブルクロスマニアになりそうです。

裁断用ビニール板を購入しました!

遂に!マイ裁断用ビニール板を購入しました!

購入した!と言っても、師匠のビニール板の大きさから見ると、おままごとレベルの小ささだけど、ひとまずはこれで良し!としてみました。


今まで、自主制作する傘は、写真のようにハサミでチョキチョキ。


1本作るにしても、かなり面倒だったんですが、ビニール板があると最強です
シャッシャッシャッーーー!と言った感じです!
よーし!張り切っていこー!

もうひと踏ん張り!

こんにちは!傘職人見習いの栗原です!

 

引き続き、自主制作の傘です。

 

前々回は開かない傘で、前回は反対にダボダボのユルユルで…。

 

写真だとわかりずらいですが、今回は、傘の頭の方から見て10cm目あたりに違和感があります。

 

もうひと踏ん張りします!