小宮商店の職人が東京都伝統工芸品「東京洋傘」の伝統工芸士認定書と盾を授与されました

小宮商店よりご報告です。
平成31年3月26日(火)、東京都庁にて東京都伝統工芸士認定式がありました。
そこで、小宮商店の職人・小椚正一さん、菅澤勝美さんの2名が、
東京伝統工芸品「東京洋傘」の職人として、認定書と盾を授与されました。

東京伝統工芸品「東京洋傘」

東京伝統工芸品「東京洋傘」

東京伝統工芸品「東京洋傘」

認定式の帰りにお店に立ち寄ってもらい、みんなで記念撮影をしました。
私たちも誇らしく嬉しい幸せな一日となりました。
今まで小宮商店の傘をお買い上げいただいたお客様に感謝するとともに、
まだ日本製の洋傘をご存知ないお客様にも、
改めて東京洋傘の魅力を自信をもってお伝えしていきたいと
気持ちを新たにしました。

これからも、小宮商店の傘職人への変わらぬご愛顧とご支援を
どうぞよろしくお願いいたします。

テレビ東京系列『たけしのニッポンのミカタ』に小宮商店の職人・小椚夫妻が登場しました

3月22日(金)夜9時「たけしのニッポンのミカタ!」スペシャル番組に
小宮商店の職人・小椚夫妻が登場しました。
ビートたけしさん始め、国分太一さん、DJ KOOさん、市川紗椰さんが
小椚夫妻の工房にサプライズ訪問!表彰状をいただきました。

ありがとうございました!

(一部地域では放送日が異なりますのでホームページ等でご確認ください)
http://www.tv-tokyo.co.jp/mikata/

 

尚、番組内で小椚夫妻が作っていた傘はこちらです▶伊砂模様 晴雨兼用傘

お問い合わせありがとうございます!

たけしのニッポンのミカタ!
3/22(金) SP放送

「さらば平成 消えゆくモノ&生き残るモノ発掘SP」
夫婦で傘を作って半世紀!下町の職人夫婦をサプライズ訪問。

 

***********

3/23(土)、東日本橋ショップ午前10時~午後5時まで土曜営業いたします。
【東日本橋ショップ】へのご案内は下記をご覧ください。

都営浅草線「東日本橋駅」からの道順はこちら
▶http://www.komiyakasa.jp/higashinihonbashi

都営新宿線「馬喰横山駅」からの道順はこちら
▶http://www.komiyakasa.jp/bakuroyokoyama

JR総武本線「馬喰町駅」からの道順はこちら
▶http://www.komiyakasa.jp/bakurocho

 

皆様にご満足いただける傘をこれからも提供できるよう、
スタッフ一同一丸となって頑張ります。

引き続き小宮商店と小宮商店の職人達をどうぞよろしくお願いいたします。

 

3/22(金)放送予定のテレビ東京系列『たけしのニッポンのミカタ』のお知らせです

小宮商店よりお知らせです。

昨年に続き、今週3月22日(金)夜9時からの「たけしのニッポンのミカタ!」スペシャル番組に小宮商店の職人・小椚夫妻が登場いたします。
今回は、ビートたけしさん始め、国分太一さん、DJ KOOさん、市川紗椰さんのサプライズ訪問もあったもようです。
(一部地域では放送時間が異なりますのでホームページ等でご確認ください)
http://www.tv-tokyo.co.jp/mikata/

どうぞご覧ください!私達もとても楽しみです。

たけしのニッポンのミカタ!
3/22(金)22:00〜 放送予定

2019年3月22日(金)
※次回の放送は夜9時からとなります。
「さらば平成 消えゆくモノ&生き残るモノ発掘SP」
▼夫婦で傘を作って半世紀!下町の職人夫婦をサプライズ訪問

***********

3/23(土)、東日本橋ショップ午前10時~午後5時まで土曜営業いたします。
【東日本橋ショップ】へのご案内は下記をご覧ください。

都営浅草線「東日本橋駅」からの道順はこちら
▶http://www.komiyakasa.jp/higashinihonbashi

都営新宿線「馬喰横山駅」からの道順はこちら
▶http://www.komiyakasa.jp/bakuroyokoyama

JR総武本線「馬喰町駅」からの道順はこちら
▶http://www.komiyakasa.jp/bakurocho

 

傘の中とじ用の手縫い針

こんにちは、小宮商店傘職人見習いの栗原です。
写真は手縫い用の針。
私は、裁縫経験はほぼゼロに等しく、なので手縫い針について知っていることは、薄い生地は細い針、厚い生地は太い針、くらいで。
こんな短い針を使ったのは初めてでした。が、やっぱり理にかなっていて、長い針だと縫いにくいだろうなぁ、と今さらながら思います。


この針で、自分の指刺すのもしょっちゅうです。まだまだ下手なので、頑張ります!

久々の裁断作業

こんにちは、小宮商店 傘職人見習いの栗原です。
今日は久しぶりに傘生地の裁断作業をしました。
以前教わったはずの包丁の持ち方を忘れてしまっていて、改めて師匠に確認。
8本骨の傘用に、全部で傘30本分の生地を裁断しましたが、徐々に手の指が痛くなり…後半は教わった持ち方を私風にアレンジしたような持ち方に…。
ふと思えば、私のお箸の持ち方も鉛筆の持ち方も、これに通ずるとこあるなぁ…なんて自分をさとってしまった日でした。

カンナの刃を研いでみました。

こんにちは、小宮商店傘職人見習いの栗原です。

今日は、先日骨董市で購入した鉋の刃を研いでみました。
うまく研げたかな~。
使ってみないとわからないので、まずは使ってみようと思います!

陣笠の取り付け

こんにちは、小宮商店の傘職人見習いの栗原です。
今日は傘生地の1番てっぺん部分にある金具「陣笠」の取り付け方を教わりました。
金属の工具を使って、「陣笠」をセットしてから、釘打ちします。
やり始めると、この作業めっちゃ楽しくて、やみつきになります!


巌流島には行かないけれど…


小宮商店の傘職人見習いの栗原です!

先日「自転車に乗る時、こんな格好で傘を背負ってるんです」って菅沢師匠に見せたら、
「宮本武蔵…じゃなくって、佐々木小次郎だなぁ」とポツリ。

佐々木小次郎は長い刀を背負っていたそうな。

菅沢師匠のこの一言で、傘を背負って自転車に乗る私は、意味もなくめっちゃ強くなった気がします。その行き先は巌流島ではなく自宅なのですが…。

師匠!ありがとう!

一流の人は上手にパクる。

お休みの日に書店をぶらぶら。
そしたら、一流の人は上手にパクる、という表紙に、三流の人は他人の成功を妬んで終わる、という帯が目に入りこんできました。

ん?!一流の人!菅沢師匠じゃん!

内容は読んでいないので、もしかしたらちょっとずれてるかもしれませんが…

菅沢師匠は、今現在に至るまで、いいと思う傘があれば、それを作った職人さんに、この傘いいねぇ~、とか何とか言って、上手くやり方を聞いて、それを真似てきてたそうです。

私は、菅沢師匠の傘作りを、一流だと思い、菅沢師匠を尊敬していますが、日々研究し、上手にパクることもやってきたからこそなんだろなぁ、とも思いました。

私は、成功した人を見ると、なんだかんだ言ってケチつけたりして妬んでるようなとこがあります。苦笑。ん~、やだやだ。

ネームのホック取り付け

こんにちは、小宮商店の傘職人見習いの栗原です!

傘の「ネーム」、傘をたたむ時に留めるバンドのことですが、今日は、その「ネーム」のホック付けを、一緒にやっている見習い職人さんがやっていたので、写真を載せてみました。
写真のようなハンドプレス機でホックを付けています。

私はまだやったことがないので、詳しいことはわからないのですが、一つ一つ丁寧に長さを測りながらの作業のようでした。
私がやったことのない作業、まだまだたくさんありますなぁ、という感じです。
頑張ります!

自宅の私の愛ミシン

自宅の私の愛ミシン、ミドリちゃんです。

「ミドリちゃん、今日は調子いいねぇ」とか「今日はわがままだねぇ、言うこと聞いてよ~」だとかなんとか言って、いつもブツブツ話かけてます。

ミドリちゃん、エメラルドグリーンに塗装されてて若く見えますが、本当はかなり年季が入っているんだと思います。

根本的な縫い方は師匠のミシンと同じですが、少し型番が違ってて、ミシンの押さえが違っています。

ミドリちゃん、最初は私に全くなついてくれなくて、本当に本当に困りました。

結局、原因は私の腕のなさでしたが(ミドリちゃんごめんね!)、ミシン屋さんや師匠、先輩職人さんや、たくさんの方にアドバイスを頂きました。

ミドリちゃん、正直、師匠のミシンよりもちょっと扱いにくいところはあるけど、今はこんな私にもなついてくれるようになりました。

ミドリちゃん、これからもよろしくね~。

 

心の糧・7ヶ條

小椚師匠のお宅に、心の糧7ヶ條が貼られています。

ふとした瞬間、この心の糧7箇条が目に入りますが、その度に心洗われます。

写真に撮っていると、一緒にやっている見習い職人さんも、「私も写真に撮った!」とのことでした。笑。

傘職人としても、人としても、成長したいです。

頑張ります!

16本骨傘の中縫い

今日は、初!16軒傘!の「中縫い」(裁断した傘の駒を縫い合わせる作業)!に挑戦しました!

「中縫い」、私は今まで8軒の傘しか縫ったことがなく、16本骨の中縫いをやってみたら、案の定、苦戦しました。

難しかったところは、縫い合わせた2駒以上の面と、縫い合わせた2駒以上の面との縫いはじめに集中しており、

  1. 1針目に、縫ってはいけない部分に針がささっていないかを注意し、その針を、縫う駒どうし、傘の頂点部に位置するように落とすこと
  2. 生地にしわがよらないように、生地を平らにすること
  3. 縫いはじめる前にミシンの押さえを下げる時、縫い終わった駒の先端のごちゃごちゃを一緒に縫ってしまわないように、縫う場所をクリアにすること

でした。

8本骨の傘と比べると、16本骨の傘の方が駒数が多く、駒の頂点部の面積が小さいため、縫いはじめの傘の頂点部がごちゃごちゃっとした感じで、にらめっこをしていました。

次回は、何本縫えるか、カウントしてみようと思います!

口とじ

本日は、傘生地の縁先端部と傘骨の先端部を縫い付ける作業、「口とじ」をしました。

師匠「浅~く付けてね」

傘生地の先端を傘の内側方向へ折り込みますが、その折り込む三角の形になった部分を、極めて小さな三角の形にし、絶対に生地がきれてしまわず、なおかつ、傘生地の縁に近いところで縫い付けます。
本日はこのように、浅~く付けました。
浅いか深いかで、傘の形も変わってくるようです。
どのくらい変わるのか、とても気になるところなので、いつか検証したいと思ってます。