メリー・ポピンズ その後!

こんにちは、傘職人見習いの栗原です!

メリー・ポピンズが持っている傘の手元がオウムで、そのオウムの名前がポリーっていうらしい…ってことを先日のブログに書きました。

そしてその直後、レコードのジャケットを裏っかえすと!

ジャケットにはオウムの傘の絵!そして、よく見るとオウムの手元の傘を持ったメリー・ポピンズがいるではありませんか!

ただ、そのオウムの名前が本当にポリーっていうのかどうかについて、気になってしまって居ても立っても居られなくなり、DVDをレンタルして、今日はメリー・ポピンズ鑑賞です!

主人公のメリーは空から傘を広げ舞い降り、ファンタジックな世界を繰り広げていきます。

1964年に製作されただけあって、めちゃくちゃクラシカルな雰囲気を漂わせていますが、2Dアニメーションに実写を合成したところなんかは、今見ても新鮮ささえ感じ、さすがディズニー!といったところです。

2人の子供、ジェーンとマイケルが、お父さんのバンクス氏に2ペンスをあげるところは、思わず、うるっとくるシーンで、久々に観た私は、あれ?!メリー・ポピンズ、こんな話だったっけ(涙)という感じでした。 

そして肝心の、オウムのポリーという名前は、結局映画の中には出てきませんでした。原作には出てくるのかな~。

ただ、このオウム、最後の最後にメリーと会話します。

あっ、喋るんだ~、みたいな感じで。

そしてそして!ネットサーフィンしていると!なんと!2018年にメリー・ポピンズ続編が公開される!っていう情報発見!

メリー・ポピンズの傘、作りたいな~…。