晴雨兼用傘「伊砂文様」で使用している風呂敷の新作展示会に行ってきました

今朝は寒い雨、春はもう少しあとからやってくるようです。
小宮商店の晴雨兼用傘の中で風呂敷を使った「伊砂文様シリーズ」は、毎年春の訪れと共にお手にとっていただく機会が増える傘です。

昨日、その風呂敷を作っておられるメーカーさんの新作展示会にお伺いし、暖かい歓迎と丁寧なご説明をしていただきました。

会場に小宮商店がセレクトさせていただいた風呂敷4柄が本来の姿で下げられているのを目にすると、改めて〜可愛いくて粋な風呂敷だな〜と感じた次第です。

わたしが見本の風呂敷をいつものように傘に見立てて裏から見ると、皆さんが…え!こんな色になるのか!と驚いていらして、傘屋の変な習性ですが、生地をかざして見ると違う表情が見える事をご説明し驚かれていたのが大変印象的でした。

両面染め独特の色の混じり合いが、傘に入るとより実感していただける不思議な魅力をもつ傘で、毎年好評をいただいています。

発表会は明日3/8(金)まで、10〜18時開場
代官山ヒルサイドテラス アネックスAにて開催されています。旧朝倉家住宅裏側の会場です。

風呂敷の魅力、可能性を改めて教えていただきありがとうございました。