第二弾ホワイトデー企画《私達が作りました!小宮商店の中で一番欲しい傘》職人編

こんにちは。店番の加藤(☺)です。

第一弾バレンタイン企画から早1ヶ月。
きっとその時から予感はあったとは思いますが(汗)、そんなご想像通り、第二弾はホワイトデー企画《私が欲しい小宮の傘》
今回は前編・後編の2回に分けてお届けします。

前編は小宮の工房で働く20代女性職人から、職人の立場で選んだ
《私達が作りました!小宮商店の中で一番欲しい傘》職人編をどうぞ!

まずは、下の名前が「海音」と書いて「かいね」と読む、素敵なお名前のかいねさんからスタート。

●職人かいねが選んだ傘は…『ミラトーレ折畳み傘60cm×10本骨 赤

☺「私が欲しいミラトーレ60cm折り畳み傘の赤は、色もよく少し大きめで安心。既に持っているミラトーレの傘は師匠からのプレゼント。それを使ってみて高撥水ミラトーレならではの、水捌けの良さを実感。そして何より混んだ電車の中などで自分だけでなく『周りの人を濡らさない配慮』に長けていることが、この傘を選んだ理由です」とのこと。人柄が出ています。。

そして、ここから職人的コメントが!
「ミラトーレの生地は伸びないので張るのが難しい。型の丈に気を遣う」

型というのは、生地を裁断する際に使う木型のこと。
実は、この型こそが傘の形を決める最大の要素であり、職人の魂=傘の心なんです(この話は後日改めて…)

形を決める傘の型↓ 

次にショートヘアが良く似合うまつむろさん。

●職人まつむろが選んだ傘は…裏がチェックの『Plaid(プレイド)長傘』

☺色はローデングリーン・ブルー・レッドと3色ありますが、「全部可愛い!その日の気分によって持ち替えたい」とチャーミングなコメント。「持ちやすく何にでも合わせやすいチェックに、傘を留めるネームが裏地と同じチェック柄になるところ」もお気に入りポイントのようです。

職人的なコメントとして「この傘生地は縫い易い半面、張ったあとにベラ(たるみ)が出やすいので、型作りに苦労した」とのこと。
「木型に見立てた厚紙で型を何度も何度も作り直してから(生地を張ってからの経過を何日後かに確認し、また直し…)最終の木型を決めました」と、やはりここでも型がどれだけ大切かよくわかりました。

そして最後に「自分で作って上手にできたと思った傘に愛着が湧きます」というキュンキュン来るコメント!
どこかでまつむろさんの作った傘を差している人に、届けたいです。

 

工房の様子↓

そして最後3人目の20代女性職人はこの方!
みやとさんというのは苗字です。

●職人みやとが選んだ傘は…『ボーダーフラワー長傘パールホワイト』

☺みやとさんに関しては発言が全て職人目線。
「ボーダフラワーは生地の伸びが良く柔らかい為、張りやすい」そうです。ただやはり型には裏話があるようで…師匠からもらった型紙を修正して作ったとのこと。同じ型を使ったからといって師匠と同じ傘の形にはならないところが難しいところ。そして生地についても「ボーダーフラワーの生地は表裏がわかりにくく、隣の小間(コマ)とボーダー柄を合わせて縫わないといけない」という、私には想像のつかない隠れた苦労もあるようです。ただその反面、反物を裁断しているからこそわかるラッキーなことも!「生地の赤い花柄部分が時々ハート♥になっているのがある!」との情報が!まるで四葉のクローバーのようです。早速店頭の傘をチェックしなくては!ホワイトデーにピッタリ?
「持つと軽くて、こんな白い傘なら雨の日でも使いたい」とみやとさんでした。

皆様、作業中にもかかわらずご協力ありがとうございました!
以上、ラジオの流れる工房からお届けしました。
この日、彼女たちが作っていた傘は…小宮の代表作の「かさね」シリーズ。

上からみるとこんな感じ↓

次は店頭で働く《私達がおすすめ!小宮商店の中で一番欲しい傘》後編/店頭編です。

店頭ではホワイトデーフェアもスタート!

お客様からのリクエストもあり、今回も2/15(土)〜3/14(木)まで女性用長傘が10%OFFです!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。