傘づくり実演当日!

こんにちは。

昨日は真夏の暑さだったのに昨日から雨続き。

皆様、寒暖差でお体崩されませんようお気を付けくださいませ。

 

先日4月21日(土)はショールームにて

若手職人さんによる傘づくりの実演を行いましたので、

当日の様子についてお話しさせていただきます。

 

 

この日は若手の女性職人が、ショールームの奥で作業をしていました。

この女性職人さんは、小宮商店の傘のことをお客様に伝えたいと、

すすんで販売もこなす敏腕職人さんです。

 

行っていたのは、「ゲンテン」折りたたみ傘の

「口とじ」と「中とじ」という工程です。

 

口とじは傘生地の縁先端部と傘骨の先端部を縫い付ける作業、

 

 

中とじは傘骨と傘生地を縫い留める作業のことを言います。

 

 

どちらも傘の形や品質を決定づける作業工程で、

傘づくりにおいて重要な役割をしています。

出来上がると必ず、糸がしっかりと結ばれているか、

形を損なっていないか、仕上がりのデザインはどうかなど

再度チェックをします。

 

 

この日はお出かけ日和だったこともあり、午前中からお客様がたくさん足を運んでくださいました!

職人実演の日だからとわざわざいらしていただく方まで…!

本当にありがたい限りです!

 

職人実演をまじまじご覧になる方や、励ましの言葉をくださった方、

職人になりたい!とお話にいらっしゃった方。

皆様ありがとうございました!

 

私たちスタッフにとっても若手職人にとっても大変励みになる一日でした。

これからも傘づくり実演をさせていただく機会があると思いますので

熟練職人とともに若手の職人も、どうぞよろしくお願いいたします!