桜と傘と春の匂い

こんにちは。

 

先週は毎日暖かい日が続いていましたが、今週はめっきり寒く雨が続き、傘の出番となりました。

こんな日は、素敵な傘で気分も上がります。

春の雨は桜雨・春時雨などとも言われ、日本の四季は言葉にも趣がありますね。

 

この頃、家の側のいつもの道でも

チラホラと咲き始めた桜に、春の匂いを感じています。

 

そろそろ桜も見頃かなぁと、日曜日、思い立って電車に乗って六義園に出かけてきました。

千石にある枝垂れ桜で有名な庭園で、初めての入園にワクワク、心も弾みます。

 

正門から入ってすぐに見える立派な樹木。これがあの有名な枝垂れ桜かぁ。

柔らかそうな枝にたくさんの五分咲きの桜。すでに笑顔の老若男女に見上げられて、

花言葉どおりの優美な桜でした。思い切って出かけてよかった!

 

 

園の中のアーチを模った橋の下には池があり、のぞき込むと赤や黒のたくさんの鯉が集まってきました。

口を開けてパクパクしてる。お腹空いているのかな?

 

少し歩くと赤やピンクのツバキも

咲いていて、もうすっかり春気分。

あと1週間もすると桜も満開かな。

1周しても疲れない、程よいお散歩が楽しめる庭園でした。

 

 

春も満喫、そろそろ帰ろうと思っていると、

どこからか三味線の音色が・・・。

音に誘われて歩いていくと、

開いた和傘に枡をのせてくるくる回す

曲芸師の方を発見!

お正月に毎年見てた染之助染太郎さんみたい!

 

 

なんと、伝統芸能である江戸大神楽の曲芸師さんが、枝垂れ桜の前でイベントをしてたのです。

どんどんお客さんが集まってきて、

最後は拍手喝采!!

あとからわかったのですが、江戸大神楽 丸一仙翁社中という方々の演目でした。

ここまでの芸ができるようになるには、どれだけの練習をしてきたのだろう、と思うと感無量でした。

 

思いがけず、素敵な一日になりました。