中とじ作業

こんにちは、小宮商店・傘職人見習いの栗原です!

今日は写真の傘の中とじ作業(傘の生地と骨を縫い留める作業)でした。
細いボーダーの傘は16本骨の傘で、カーキ色の傘の方は8本骨の折りたたみ傘です。

カーキ色の傘は丸善の傘で、実は丸善の傘は菅澤師匠が作っています。
写真をよく見て頂くと、MARUZENのローマ字が入った天紙(傘の上部に付ける当て布)があります。

丸善の傘は、とてもシンプルで、1つ1つとても洗練されています。

中とじの仕事を終える頃には体はバキバキでした。
負けずに地道に頑張ります!