傘の作り方:行程その4

傘の作り方:工程その4

職人さんの手によってどのように小宮商店の傘がつくられているか 全14行程をシリーズでご紹介させていただきます。
ホームページ上にも傘作りのムービーがありますので、よかったらこちらもご覧下さい。傘作りの動画

 

今回は傘の作り方・・・・その4【ダボ巻き】をご紹介いたします。

親骨の関節部分(ダボ)に共生地を縫い付けて傘生地を保護するための作業です。

この後の工程「6」で作製するカバーはダボに直接触れると、サビ汚れや擦れによる劣化が発生しやすくなります。

ダボ巻きをすることで、それを防ぐ事が出来ます。

 

【材料】

ダボ抜き型で抜かれたダボ布

【道具】

糸切はさみ

ぬい針

ろうびき糸:耐久性と撥水性を高めるために、蝋でコーティングした糸

 


【作業】

ダボ全体を包み込むようにダボ布を巻き込みます。

糸を2回通し、ダボとダボ包みをしっかりと固定したら、玉留めをします。